ニキビ跡の「黒ずみ=メラニン」について

ニキビ跡の「黒ずみ=メラニン」について

活性酸素に対する防御反応として生成されたメラニンが沈着してしまったタイプのニキビ跡は炎症性色素沈着とも呼ばれます。 これはシミと一緒なので美白ケアが効果があります。


最近できたばかりというメラニン生成の初期段階の炎症性色素沈着であればチロシナーゼの活性を阻害してメラニン生成を防ぐ 美白成分を使ったケアをすることでメラニンの定着を防ぐことができます。


たいていの美白化粧品というのはチロシナーゼの活性を阻害してメラニン生成を防ぐ美白成分を配合しています。 なので、特にこれじゃないといけないということはありません。


注意点があるとすれば美白コスメの使い方で、擦り込むようにして肌に摩擦を与えてしまうとその刺激でメラノサイトが悪化して メラニンが生成されてしまって余計にシミが悪化してしまうことがあることです。


また、紫外線を浴びることでも炎症性色素沈着は悪化してしまうので、日焼け止めは絶対に欠かせません。 放置するとシミとして濃く大きくなってしまう可能性があるので最悪のケースを考えてできはじめのうちに対処しておきましょう。

時間が経つほど、メラニンは消えにくくなる。

時間が経つほど、メラニンは消えにくくなる。

できかけの炎症性色素沈着であればメラニン生成を抑制するタイプの美白成分を使ったケアでも薄く小さくすることができますが、 時間が経ってシミとして定着してしまったものになるとそうはいかなくなります。


ハイドロキノンやビタミンCなどのようにメラニンを還元する作用を持つ美白成分が配合された美白コスメを使わないと効果が期待できませんし、 ケアにも時間がかかることは覚悟しておかないといけません。


こうした美白成分が効果を発揮できるかいなかというのは肌との相性、そして肌環境に左右されます。


相性については使ってみないとわからないところがあるのでトライアルセットやサンプルを使って実際に自分の肌で試してみるほかありません。


ハイドロキノンなどは美白効果も高いですが、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感といった刺激を感じてしまう人も多いといいます。 それを考えるとできるだけ低刺激処方になっているものを選んだほうがいいでしょうね。


肌環境というのは、ズバリ「うるおいのある肌かどうか?」ということです。肌が乾燥していると外部刺激に肌が左右されやすくなりますし、 ターンオーバーが乱れやすく、有効成分が浸透していかないといったことが起きてきてしまいます。シミばかりに気をとられてはダメで美白成分が効く肌の土台作りというのが大切になるってことですね。


ニキビ跡の色素沈着に効果のある美白化粧品は? 詳しくはコチラ
Copyright © 2014 ニキビ跡を治す方法~赤み・黒ずみ・凸凹の治し方を解説· All Rights Reserved·